有楽町線で会いました

有楽町線・副都心線最新情報を掲載。「有楽町線で会いましょう」の速報ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有楽町線・副都心線ダイヤ崩壊


有楽町線・副都心線ダイヤ崩壊



今日は都心でも積雪がありました。
そんな中、有楽町線・副都心線は「雪の影響」でダイヤが崩壊し、1時間以上の遅れが発生しました。
いつものことですが、ダイヤの混乱がさらに混乱を呼び、ダイヤが崩壊していました。

結局、ダイヤ乱れは夕ラッシュに突入する直前でやっと収束したようです。
とはいえ、ダイヤ乱れの収束は公式発表なので、実際にはダイヤが乱れたまま夕ラッシュに突入したのかもしれません。



DSC01940.jpg

当初は「雪の影響」といっても地上部だけの徐行運転だったようですが、
それだけで済まされないのが有楽町線・副都心線です。

歯車が狂い始めた結果、1時間以上の遅延が発生していました。
というか地下鉄なのに「雪の影響」っておかしいですよね…
地上を走る鉄道ですら平常運転の所もあるのに、「雪に弱い地下鉄」っていうのもおかしな話です。



DSC01941.jpg

電光掲示板はこの有様…
90分近く遅延していました。和光市始発も頻繁に出していましたが、行き先はほぼランダム…



しかし、この時点では東上線・西武線からの直通を打ち切っていませんでした。
そのため、東上線・西武線とも地下鉄直通列車がなかなか地下鉄には入れず、渋滞を引き起こしていました。

東上線の方では、複々線の内側を地下鉄直通車専用にしていましたが
西武線の方は数珠つなぎ状態だったようです。



DSC01942.jpg

直通列車は適宜挟んでいたようですが、それでも60分近い遅れでした。
こんな感じで、他社にも遅延をまき散らす有様でした。

一方で東上線は10分以内の遅れ。この違いはいったい…



DSC01944.jpg

その後、池袋駅に向かいました。
しかし、いつものごとく駅間で何度も止まります。
しまいには駅を出きらないうちに停止信号になったりも…

池袋まで30分近くもかかりました。




DSC01948.jpg

めでたく全路線遅延。震災以来でしょうか。




DSC01949.jpg

ちょっとやる気あるのかと言われそうなレベルです。
銀座線なんか、地上区間は何mなんだって言いたくなります。




DSC01947.jpg

JRの方も結構乱れてましたが、それでもまだましです。
営業距離に比べればまだ乱れてない方です。
なにせ東京メトロは100%遅延ですし…






DSC01950.jpg

12時頃になっても全路線遅延でした。





DSC01951.jpg

午後になると和光市方面がかなりひどい状態になっていました。





DSC01952.jpg

12時頃のJR。今度は埼京線のダイヤ乱れが発生していました。




DSC01953.jpg

派手に遅れていました。池袋・新宿あたりで詰まるんでしょうか。
有楽町線・副都心線だと和光市・小竹向原・池袋・渋谷と詰まりそうな駅は事欠きませんが




DSC01954.jpg

和光市方面に向かいました。




DSC01955.jpg

直通中止といいながら西武線の直通車が運転されていました。
配信されている公式情報もかなり適当だったのでしょうか。





DSC01956.jpg

小竹向原駅に着きました。電光掲示板は機能していませんでした。


その後、4番線に表示されている40分遅延の列車に乗りました。





DSC01957.jpg

しかし、和光市行きの列車に乗るも、駅間で10回以上止まりました。
1閉塞ごとに止まってたんじゃないかってレベルです。
おかげで、小竹向原~和光市間に30分もかかりました。





DSC01958.jpg

有楽町線・副都心線の新木場・渋谷方面ホームの電光掲示板は機能不全に陥っていました。
東上線は10分以内の遅延でした。





DSC01959.jpg

朝もそうでしたが、和光市方面は回送列車が多数運転されていました。
直通中止などで行き場を失った列車が和光市送りになっていたようです。

このときは、駅の業務放送で回送が4連続と言っていました。どういうことなの…
いつもは朝でもしつこく間隔調整するのに、
回送列車発生による営業列車の間隔調整はしないの…?と思ってしまいました。





今日は副都心線開業時を思い起こさせる混乱ぶりでした。
もう慣れっこになってしまったというのも恐ろしい話ですが…



東上線に10000系更新車登場!

東上線に10000系更新車登場!


東武東上線の10000系といえば、登場当時のまま特に改造されていない未更新車ばかりでした。
それは本線系統で更新車が台頭している現在でも同じです。

しかし、このたび10000系更新車が東上線にもやってきたのです。
今回は東上線に登場した10000系更新車について簡単にお伝えします。



DSC01932.jpg

外観でまず目に付くのが、前面方向幕のフルカラーLED化です。
フルカラーLEDそのものは50000系系統で既に導入済みですが、
種別・行き先が分かれているタイプは今回が初めてです。

そして、スカートが装着されています。






DSC01930.jpg

側面の方向幕ももちろんフルカラーLEDなのですが、
改造前と方向幕のサイズは変わっていません。

なので、他の50000系や9000系などと比べると方向幕が小さめです。





DSC01927.jpg

側面も大きな変化はありませんが、車外スピーカーが付きました。
しかし、冷房装置・パンタグラフとも変更なし。




DSC01928.jpg

車内は9000系など他の更新車と同じですが、ところどころ違うところもあります。
例えば、非常コックの案内は従来通りのプレートが貼られています。

「ド」という謎の表記も健在です。
他にも「ドァー」となっている車両もあります。
英語の発音的には「ァ」なんでしょうが、あまり見ない書き方です。



DSC01929.jpg

そして、ドア横の手すりもそのままです。
9000系だと黄色く塗られていたのですが、それも省略。




DSC01933.jpg

また、転属してきた30000系同様、車両連結部の運転台は撤去されています。
転落防止用幌までつけられ、分割できないようになりました。

果たして、10000系更新車が東上線の主力となっていくのでしょうか。
そして、8000系10両編成はいつまで持つのか…




新宿三丁目駅にE6出口誕生(続々報)


新宿三丁目駅にE6出口誕生(続々報)


先日から、何度か新宿三丁目駅に新しい出口ができることをお伝えしています。
そして、そろそろその出口が供用を開始しそうですのでお伝えします。



DSC01936.jpg

こちらが問題の出口です。
新宿三丁目駅の北参道寄りの改札口(高島屋方面改札口)近くにある出口です。






DSC01937.jpg 

点字ブロックも既に完成しています。
そして先日行ったときには小さな張り紙がしてありました。





DSC01938.jpg

非常に小さな張り紙ですが、
3月1日から供用を開始する旨が書かれていました。




DSC01934.jpg

地上に出てきました。こちらが出口につながっているビルです。
入居者はまだいないようですが、ビルの電気が煌々と付いていました。





DSC01935.jpg

ビル名は「新四curumu」というようです。
ここのサイトにフロアの詳細・間取りなどがありました。


新宿三丁目駅につながるビルではありますが、住所的には
「新宿四丁目」になっています。





というわけで短い記事でしたが、今回はこれにて終了です。




前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。